スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

腋花房(えきかぼう)

やっと出荷が始まったばかりだというのに,もう2番目の花房である腋果房(えきかぼう)がのぞきだしました。
       DSCN0825_025.jpg
もちろんこれは本当に早い株で,うちのスタンダードの速さは昨日もみてもらいましたが,まだ,頂花房の一番果が色づきだしてはいません。
さらに,ちょっと狂い咲きのように,こんなに超早い株も見つけました。
        DSCN0824_025.jpg
これはいくらなんでも早すぎます。
これだけ実がいっきにつくのはいけないので,ちょっと摘花をしなければなりません。

さて,何度も不受精果について書いていますが,今日もめっちゃ悲しい不受精果を見つけました。
         DSCN0822_025.jpg
ひどいでしょう。頂花房の実は全部だめだということです。
ここまでくると,やっぱりたとえば天気のせいとか,ハウスに入ってなれない環境のせいでとかでハッチ達の働きが悪いので,不受精果が出ているとは言えない状況ではないでしょうか。
花自体に問題があるのではないでしょうか・
なにか必要なものが決定的に足りていないのではないのでしょうか・
というあたりを夫は考えています。
ちなみに,この頂花房全滅の株はピートバッグを再利用しているところで,前作では子苗をとるためにランナーを終盤長く育てていたところの株です。
さあ,いったい何がどうなんやろうねぇ?

2016/11/24(木) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

冬支度

昨日とは一転。なんなん?今日の寒さ!明日はもっと寒くなりそうですね。ホンマおかしいわ,今年の天候は!
ということで,今日はダクトを床に張って温風器を試し運転し,サイドの内張りを下しました。
冬支度です。
        DSCN0818_025.jpg
ダクトの張り方ひとつでハウス内の温度のばらつきが出るそうですが,うちは夫任せです。
大丈夫でしょう。
下から見ると,紅い実がかわいいですよね。

さて,今日のうちのハウスの様子ですが,早いところはこんな感じです。
            DSCN0820_025.jpg
頂花房の2番,3番の実も赤くなってきています。

うちのハウスでクリスマス用として頑張ってもらいたいところのイチゴはこんな感じです。
            DSCN0821_025.jpg
1か月後はクリスマスイブ前日で,ケーキ屋さんが一番たいへんな日ですね。
ケーキ屋さんの需要にできるだけお答えしたいのですが,これからの天気はどうなるかな?

2016/11/23(水) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

初出荷

いよいよ今日からオーナーシェフさんたちのお店にイチゴを納品することになりました。
今日は1,5kgずつ2店舗に納めました。
       DSCN0815_025.jpg
岡山の町中まで行ったついでに,うちもお世話になっている大きな直売店を見てきました。
もうイチゴのパックが出ていました。
お二人の生産者さんが出しておられましたが,どちらの方も「かおりの」という品種でした。
1パック600円で出しておられたのですが,ウィークデイということもあり,お客様にはちょっと高く思われているのかもしれませんが,前日のイチゴが若干売れ残っていました。
1パック600円をどう評価するかですね。
おはつもので香りも良く,久々のイチゴだから買えるか,600円だとみかんなら家族がかなり頑張って食べても1回では食べきれない量だから・・・イチゴ生産者としてはイチゴをご購入していただきたいものです。

それにしても今日の暑さ!換気扇は回りっぱなしでしたよ!

2016/11/23(水) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

電照開始

昨日は何故か何度やり直してもパソコンがネットにつながらず,書くのをあきらめました。
けっこう古いパソコンを使っているので,もともとそう早く立ち上がってはくれないのですが,・・・まいったなぁ。

ところで,今日のタイトルですが,先週末から電照を始めました。
といっても,うちは夜中に電気がついているので,私はその景色を見たことはありません。
うちは夫の研究上いろんな電球がついています。
それはまた近いうちにお知らせします。

今私がちょっと心配しているのは苗の大きさ。
2年前に電照が効きすぎて年末のころに草丈がものすごく大きくなったことがあります。
その結果(だと思うけど,もっと複雑かも・・・)その後不受精果が出たわ出たわ!
草丈はある程度以上は大きくしてはいけない,ということを痛い目を見て学習したわけです。
うちの今の苗ですが,今年はあったかいから?いやっ,夫は違うことを思っているようですが,とにかく今頃としてはかなりでかいような気がしてならないのです。
別に電照で大きくしなくてもええんとちゃうかい?などと素人のような意見を持っている私ですが。
夫はどうしていくのかな?

2016/11/21(月) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

前向きに取り組む

今日は新規就農を計画し実践しようとしている若者たちが研修にやってきました。
新規就農を本気で考えている人々,また実際に新規就農した人々に会う機会が何度かありましたたが,そのような人々はどなたも志が高いです。
日本の場合農業とはほぼ規模がちいさくても自営業ですから,必然的にトップになって頑張る(自分ひとりでもトップですから)ことになりますが,そういう人々は回りの空気に流されずに自分で考えて自分で計画を立ててなんとかやっていこうとします。
ものすごい勇気が必要だし,何より作ったものをどうさばいていくかというビジョンを描いていなければやっていけませんから,そのような人々は本気度が尋常じゃあないように思えます。
農業の世界は上手いこと世代交代ができていない業種だと思うので,やる気元気考える力のある若人はその政界の切り込んでいければ,やりがいがあると思いますが。
頑張ってほしいものです。

ところで,昨日のNHK「おはよう日本」という番組でグローバルギャップ(GLOBALG..A.P)という言葉を恥ずかしながら初めて聞きました。
青森県立五所川原農林高校という岡山からは遠い学校の話を知りました。
あえてここで詳しくは書きません。
興味のある方はぜひ調べてみてください。
新規就農とはちょっと違う話でしたが,若者のあっぱれさに感動しました。.

2016/11/20(日) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。