|  HOME  | 

きな粉のプール

先日も書きましたが、不受精で「いごいごの」実がたくさんできています。
        DSCF0412_025.jpg
うまく受粉がされていないからこのような実ができるのですが、原因ははっきりはわかりません。
夫は必ずしもミツバチの動きが悪いのが原因とは言い切れないとよく言います。
ミツバチが動けない理由が花の方にある、たとえば花粉がおかしいなどですが、それらの原因でミツバチの動きが悪くなり、不受精の実ができる場合もあると言うのです。
花が少なすぎて、ミツバチの餌不足が原因でミツバチの数が極端に減ってしまい、その結果不受精の実ができてしまったとも考えられます。
・・・確かに今のハウス内は花が極端に少ない気がします。
    DSCF0403_025.jpg
そこで、花粉の代わりとなるべく、先日も書いた国産きな粉をやって様子を見ていました。
最初は巣箱の入り口においたきな粉しか持っていかなかったのですが、次第に慣れてきて、きな粉を入れたトレーから直接持っていくようになりました。
そして、その約1時間後には、なんとトレーの底の一部が見えるほどにきな粉を巣箱に持ち帰ったようです。
    DSCF0398_025.jpg     DSCF0411_025.jpg
左は「きな粉プール」に入りだした頃の写真、右はその1時間後の写真です。
右の写真をとった頃はもうミツバチ達は今日のお仕事を終えて巣箱の中へと消えていました。

うろ覚えで申し訳ないのですが、何かの本に花の蜜と花粉はどちらかが幼虫の餌で、もう一方が成虫の餌だと書いていたような気がします。
いずれにせよ、うちのハッチ達は飢えていたのかもしれません。
毎日国産きな粉のプールを用意させていただきますから、受粉のほうはよろしく!

2013/02/01(金) | 生育状況 | トラックバック(1) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/986-39d894f1

2013/02/04(月) 22:51:35 |

 |  HOME  |