|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クラウン出し

今日、挿し苗の日から天にずっとかけていた寒冷紗(遮:かんれいしゃ)を外しました。
例年お盆明けごろにやっていたのですが、明日からの天気もしばらくは晴れないであろうとの予想もあって今日はずしました。
天に張っている寒冷遮をはずしながら、同時にかたづけるべくたたんでいくのですが、とにかく長~い寒冷遮

その作業の骨の折れること!両足で押さえながら折りたたんでいくのですが、骨盤を柔らかく開かなければできないのです!
年とともにどんどん体が硬くなってきているので、今後この作業もいつまでできるやら。

さて、タイトルですが、昨日も書きましたように「クラウン出し」は花芽を早く(うまくいって1週間ほど)つけるためには必要な作業なのですが、このあんばいが難しい。
今日もクラウンの出し過ぎと夫にダメ出しされてしまいました。
ということで、「クラウン出し」はあんばいがあまりにもファジー(と私は感じる)なので、納得のいくように夫に任せることにしました。

私は今日から葉かきを本格的に始めることにしました。
今シーズンは挿し苗が例年に比べて若干遅かったということもあり、葉かきを常のやりかたでするにはちょっと苗が若く弱い感じがするとのことで、葉っぱの付け根から葉を取り除かずに、葉柄の途中から切るように言われています。
最初は手でちぎり切っていたのですが、ものすごく力がいるので今日からはさみで葉柄の途中から切り取ることにしました。
こんな葉かきは初めてです。


2012/08/15(水) | 生育状況 | トラックバック(1) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/870-5d72a66c

2012/08/21(火) 14:52:43 |

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。