|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

植え替え

今日から手がけで給液を1回かけます。
もちろん水のミストも2時間毎に自動でかけ続けています。
今日からちゃんと発根していない苗に見切りをつけ,植え替え用のトレーから新しい苗をぬいて植え替えています。
未だに発根していない苗については,実は私が悪い(つまり人災)のです。
発根する部分をきちんと水気のある培養土の中に入れていたら,絶対に発根するはずなのに,苗のひっくりたえっていたことに気づかず,その部分を乾燥させてしまい,ひいては全体を乾燥させてしまった苗なのです。
特に大苗で発根しきれなかったものが目立ちました。
毎日見回っているのに・・・いいかげんなものです。
今日一日で約20本程度の植え替えをしました。
      DSCF2091_025.jpg
上の様な苗は捨てることにしました。

さて,今日は信じられないことを発見!
           DSCF2093_025 (2)
育苗しているところはミストがかかったり,てがけの給液があったりと常に床面には水のたまった溝ができてしまうのですが・・・
なんとそこにオタマジャクシがたくさんいたから超ビックリ!
     DSCF2092_025.jpg    DSCF2094_025 (2)
ハウスの中にはカエルはいますよ,いつでも。
でもオタマジャクシがいたのは,初めてです!
だって,入ってきようがないですから。
考えられるのは。去る7月6日~7日にかけての床上浸水の時に,外の田んぼや水路にあった卵が流れ着いてきたのかな?
卵からおタマが発生するのってどれくらいかかるのかも今は知りませんけど。
ところで,これらのおタマの運命は!・・・困ったなあ。

2012/08/01(水) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(1)

山地

『No title』

初めましていつも楽しく拝見させてもらっています。
香川でいちご栽培している者ですが、苗を挿す時に
ランナーピンを使っています。活着率99%で見回りいらずです、いかかですか?

2012/08/01(水) 17:18:25 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/862-f0f8d3b2
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。