|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

実の品質

今の実は生産者の私が言うのもなんですが(と言うより,私が言うので本当ですが,の方がよいかな)品質的にはどうしようもなく,ただ「イチゴ」なのです,と言いたい。
なんのこっちゃい!
でも,そう言うしかない。
今日あるケーキやさんに「もうこの時期はサイズもちっちゃくて,実もあたった(傷んだ)ようになっても仕方がないのですか?」と,聞かれました。
残念ですが,そうなんです。
これでもかなり気をつかってイチゴを出荷しているつもりですが,今の実はシーズンの中ではワーストで,しかもどんどん日を追って悪くなってしまうのです。
だいたい,赤くなるのが早くって,たぶんおいしく育つまでに収穫しなくてはならないのだと思います。
早熟なんです!
収穫時にトレーに並べていくのですが,そのトレーに触れている部分は次の時には必ずちょっと黒ずみます。
出荷するために並べ替えたりすると,そこでまた傷んでしまう・・・
本当なら触りたくないのだけれども,ウドンコチェックはしなければならないし・・・
車に積んで運ぶわけですが,もちろんクーラーは入れていますけれども,冷蔵車ではない(普通の軽自動車)ので,そこでの揺れも傷みにつながります。

今の時期は生産車直送の「イチゴ」があるということで認めてください,と私は言いたい。
サイズはもう仕方がないですよ。
それでも,まだ毎日17g,18gのイチゴが何割かはとれているので,たぶん市場で購入するよりは大きいと思うのですが。

6月の半ば頃までは量も多く品質もとても良かったのですが,半ば過ぎから量が急に減り,暑さとともに品質も低下してしまいました。

美味しいイチゴは来シーズンまでお待ちください!

ところで,育種のことでのコメントありがとうございました。
やっぱり人任せはあきませんなぁ。
イチゴは本当にどんどこ新しい品種が出ては消えていく,人気商売みたいな果物だと思います。
生産者さんの中には私と同じ思い(花びらはすぱっとおちてくれ!)の方々も多々いらっしゃると思います。
花びらのおちやすかった花を選ぶだけでも至難の業かもしれない・・・

人任せにしたいけど,やっぱりそれではいつになってもあかんやろう・・と思いつつも誰かアイデアグッツを発明してよね!と,ずっと思っていることが一つあるのですよね。
「軸折れ防止グッツ」ですが,誰か考えてー(これも人任せではあきまへんなぁ)

今日の収穫量も順調に微減です。

2012/06/22(金) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/842-9a98754f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。