|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ためるということ

うちの基本的なスタイルは,午前中に収穫したイチゴを収穫したはしから冷蔵庫に入れて実の温度を下げ,その日の午後からトレーに並べ直したり,パックや箱に詰めたりして,次の日の午前中にそれぞれの出荷先に運ぶ,というものです。
宅急便を使って送るイチゴは,収穫した日の夕方営業所に持っていき,次の日にお客様のところに届けられるようにしています。
いずれにしても,うちのイチゴの場合は収穫した次の日に顧客様の手に渡るということになります。
でも,これは基本形で,残念なるかな,そうはいかない場合もあります。
例えばものすごくとれちゃって,次の日だけでは行き先が裁ききれない場合があります。
そんな時は前々日収穫したイチゴが顧客様のところに行くこともあります。
さらに,今まさにその状態なのですが,イチゴを注文してくださるご贔屓様にごめんなさいをして,わざわざ冷蔵庫でいくらかのイチゴを保管していることがあります。
タイトルの「ためる」をしているわけです。
といっても,生ものですし,新鮮でなければならないので,ためても1日分ですが。

何故そんなことをしなければならないのか・・・
それは毎日が十分にとれるわけではないのと,ケーキやさんの需要が圧倒的に週末,特に来るべくゴールデンウィークなどの休日に多いことに理由があります。
とにかく,ケーキやさんの需要にお応えするのがうちの使命,うちの生命線だと思っていますので,そこをできるだけ自力でやりぬくためには,「ためる」ことが大事なのです。

がしかし,長い長いゴールデンウィークをうちだけで持ちこたえられるか?とても不安です。
ずずっっと晴れが続くことは先ずもって当たり前の条件。
「谷」に突入しないこと。
実に病気が拡がらないこと。
ということで,今日は「ボトキラー」の常温煙霧をしてきました。
一日に数個ですが,イチゴの種の部分が一点だけポチッとウドンコにやられた実をここ何日か見かけたからです。
今収穫をお休みすることは絶対にできないので,収穫制限のないゆる~い「ボトキラー」を使いました。

ところで,スリップスが本当に今のところ少ない事はちょっとおかしいですよね。
岡山県だけのことだろうか?

2012/04/27(金) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(1)

イチゴ農家だよ~ん!

『No title』

ご苦労様。私の所はもう終わりです。12月に植え、2月中旬から収穫。今年は早くて、今、小粒ばかり。なぜか、次の花芽が有りません。
 私が植えているのは早生宝幸です。あさ5:30から収穫し、8:00に売りに行きます。10:00には仕事が終わり。勝負は早いです。

2012/04/27(金) 20:39:45 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/808-037df0e6
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。