|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

摘果(花)が難しい

今日は昨日防除をしたので,収穫はお休み。
配達と株の管理をしました。
夫にも指摘されているのですが,花と実がたくさんつきすぎている株がいくつもあるのです。
摘花はそれなりにできているつもりですが,花房がどんどん新たにのびてきたり,花芽が大きな顔をして出てきているくせにしんどまりだったり・・・花の数だけで機械的に摘花をやってもそれだけではいけない株がたくさんあるのです。
株に実をつけ過ぎさせないようにしなければなりません。
でないと,その後株が急激に縮んでしまうので。
株の様子をしっかり見ながら,それに沿って摘花をしなければならないのですが,なかなか難しいだろうなあ,と思っています。

さて,毎日のように直売店に「ジャム用」と「チョビ」を持って行きますが,相変わらず未だに直売店には岡山産のイチゴはほんのちょっぴりしか出ていません。
生産者の方々はどこに出しているのでしょうか?
「ジャム用」(主に受精不良でぼこぼこした,いわゆる「いご」)や「チョビ」(10g以下のイチゴ)が完売されるのは嬉しいことですが,この状況がいつまで続くのかな?
もう3月も下旬なのにね。

2012/03/21(水) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(1)

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/03/22(木) 18:00:43 | | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/788-37214b07
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。