|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダニ退治

来週の火曜日に「オレンジ色のスゴイ奴」(チリカブリダニ)がやってきます。
それまでは拡がりつつあるダニの輩を霧吹きに入れた「粘着くん」でひたすらスポット手噴霧攻撃をしていきます。
そして少しでもダニの数を減らしてから,「チリカブリダニ」様に登場していただくわけです。
昨日から本格的にダニ退治をはじめました。
    DSCF4139_025.jpg      DSCF4143 - コピー_025
左のような旗をたくさん作って,右のようにダニの生息地にポイントをしながら霧吹き噴霧をしていきます。
チリカブリダニが到着すれば,旗ポイントのところに多めにふりかけていくようにします。
今回は草丈が予想以上に高くなってしまっているので,旗が目立ちにくいのがちょっとしたミスでした。
ダニってなんとなく黄色のイメージがありませんか?(私の勝手な思い込みですが)

さて収量ですが,やはりまだまだ思ったようには上がってきてはくれません。
でもとっていてほれぼれするような「しゅっとした男前」イチゴが毎日かなりとれています。
ただその分,一番果が多いということでケーキ屋さん好みの大きさののせいけいが少ないのです
それで毎朝必死にとって,それをトレーに並べて配達しているような始末です。
早起きの日々はいつまで続くのでしょう。
そして,この綱渡り(注文にこたえるために必死でちょっと早めまでとり続ける)の日々はいつまで続くのでしょうか?
というか,この危機を本当に乗りきれるのかい?
・・・まあ,乗りきれると信じてガンバルしかないよね。

ところで,今日NHKのニュース番組で福岡の「あまおう」が大変なことになっているのを見ました。
低温と日照不足で収穫量がかなり落ち込んでいるとか。
たしかに今日のハウスのニュース映像を見ると本当に赤い実が少ないなあ,と思ってしまいました。
低温よりも日照不足が一番きびしいですよね。
温度は経費がかかっても加温をしてやれば密閉されたハウス内は暖まりますが,日照だけはどうにもならないですよね。
うちも去年の2月,それから一昨年は春先からかなり長い間,日照不足で味が落ちたり,色つきがおかしくなったりして困りました。
曇ったり雨が降ったり(今年の場合は雪も)するのは夜間から早朝までにしてほしいよね。

イチゴの価格が高いのも,今日のニュースを見て少しわかりました。


2012/01/26(木) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/752-abfd77c4
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。