|  HOME  | 

天気になって

身勝手で申し訳ありませんが,しばらく雨はいりません。
うちの給液栽培は基本的に雨水を使っています。
ハウスに降る雨を集めてタンクに「貯蔵し,それを使っているのです。
そのタンクがここ数日の雨で一杯になってしまいました。
     DSCF4115_025.jpg
もう入りきれなくて外へ流れていっています。
イチゴの味のためにも,とりあえず日射がほしいですね。
明日に期待しましょう。

うちのハウスではいつもどこかが花盛りだと書きましたが,花の有るところの様子と無いところの様子を撮ってみました。
    DSCF4118_025.jpg     DSCF4117_025.jpg
左は花が少なく,右は花盛りです。
右の花は腋花房の花です。うちのハウスでは一番遅い定植(9月30日)のところです。

今日の収量はとれはじめた11月下旬を除いて,最も少ない量でした。(ちょっとした谷です)
しかも頂花房の最後の実(小さな実)と腋花房の一番果が大半を占めたので,なかなかケーキやさん向けのイチゴがありませんでした。
ここ連日書いていますが,腋花房の一番果の大きいこと。
しかも暴れている(せいけいではなくいびつな形)実が多いのです。
これらの実はご贔屓さんに買っていただきますが,その他にはうちのイチゴを買ってくださるK農園があります。
大きすぎるイチゴはケーキやさんも使い勝手が悪いようですが,食べると絶対に大きい実のほうが小さい実より美味しいので,ご贔屓さんには大人気です。
それでも,ご贔屓さん需要がいつもあるわけではないので,最近は本当にK農園の注文がありがたいです。
        DSCF4123_025.jpg
吉備のサービスエリア(山陽道)で売ってくれています。
形よりも大きいイチゴであることが一番なのですが,そういう需要が今の季節はありがたいです。

2012/01/21(土) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/748-9c36896e
 |  HOME  |