|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ばらけている

今シーズンのうちのイチゴはとっても生育がばらけているようです。
うちとしては極めて理想的!
何がうれしいって,山が来ない,谷が来ない,ことです。
でも,今は摘花をやってもやってもだらだらといつまでも続けなければならないことが,ちょっと苦痛かな。

間欠冷蔵がしっかり効いてくれたことで実が早くからとれだした株が有りーの,間欠冷蔵をした株の一部がものすごく生育が遅れたことで,小苗の生育よりもさらに遅い株が有りーのと,本当にばらばらなのです。

それから,今シーズンの出荷開始はのぞみふぁーむ始まって以来の早さだそうです。
収穫が早まった理由は,秋口に花芽ができるほど涼しかった頃があり,その後高温が続いて生育がよかったからではないか,と夫が言っています。

うちの女峰でさえ,例年より収穫が数日早まっているのですが,ちまたのスーパーの売り場を見るにつけ,今シーズンの「さちのか」の収穫の早まり方には驚いています。
私のつたない記憶では,「さちのか」はとても美味しい品種だけれど,残念なるかな,収穫のはじまりが遅れ気味で,クリスマスの頃になかなか小さな実がとりずらい,という品種だったのですが・・・
「さがほのか」や「あきひめ」はもともと早くから収穫できると認識していたのですが,今シーズンの「さちのか」には一体何が起こったのかな?

直売所でプランター植えのイチゴがかなりうれしいペースで売れています。
このまま売れ続けてほしいものです。

2011/12/04(日) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/716-c1bdeca9
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。