|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今シーズンを振り返って2

今日も少しだけ予想よりたくさんの収穫量がありました。
これはたぶん強い日光のせいで,赤くなるのが早まっているからだと思うのです。
2~3年前に今とよく似たことがありました。
その年も今頃の日射がきつくて思った以上に色づくのが早まり・・・結果6月の末で収穫を終えなければならなくなりました。
今シーズンもその道をたどるのでしょうか?
梅雨というにはあまりに日射が強くあまりに暑いよね。

ところで,今日収穫時に見つけたのですが,この期に及んで「炭そ病」にやられた株がどかどかと出てきました。
こんなの,初めて。
今シーズンはホンマに炭そ病をまじまじと見ることができました。

さて,タイトルについてですが,振り返って良くなかった事と言えば・・・
何と言っても「け・む・り」野焼きの害です。

11月5,6日~半ばにかけての頂花房の花が咲く頃,ハウスの外は桃の木などの剪定くずを燃やす白い煙でもくもく状態でした。
ハッチ達は本当に巣箱から出て来ないのです。
その結果,受精不良の実が大量に出て,頂花房が半分くらいがやられてしまいました。
これが最も大きな害をもたらしたものであることはたぶん間違いないだろうと思っています。
これを軽減するために,来シーズンは「人間ハッチ」,つまり小筆で受粉をしていこうと思っています。

明日も暑いだろうなあ・・・

2011/06/28(火) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/625-04bc6c25
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。