|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

電照

数日前に電照はやめたそう(夫曰く)ですが,この時期に入りとても興味深い結果が出ています.
うちの電照にはいわゆる白熱灯だけではなく,部分的に蛍光灯も使っています.
蛍光灯の方は今の段階では試験的に使っているのです.
     DSCF3305_025.jpg     DSCF3298_025.jpg
写真ではわかりにくいのですが,蛍光灯で電照を行った部分の株が明らかに小さいのです.(写真のほぼ真ん中辺りで株の大きさの違いが出ていると思います.)
それでも,夫は蛍光灯のくせを捕らえて,そのうちできるだけ使いたいともくろんでいます.
蛍光灯の方が圧倒的にランニングコストが低いからだそうです.
写真の株の大きさの違いも2月半ばまではほとんど出て来ないのだそうです.
来年度の実験の構想もあるみたいです.どうなるかな.

さて,残念なお知らせです(私にとっては).
ハウス内の一部ですが,「谷」の終わりが突然やってきてしまいました.
3番目の花房の1番果が採れだしたなあと思いきや,その後の速いこと速いこと!
「谷」から猛烈ダッシュで山登りをしているかの如くです.
今はハウスの一部にすぎませんが,来週辺りはその勢いが全体に波及してしまうのではないでしょうか・・・ぞぞぞっ.
しかし,たくさん採れだしたということは株に勢いが戻ってきたという喜ばしいことでもあるのです.
山登りを始めたところの実の状態がすこぶる良くなってきました.
ピチパチプッチンべっぴんイチゴがどかどか採れだしたということです.
味が戻ってきたのはうれしいけれど・・・あーあ,「谷」の間にもっと休んでおくんだったよ・・・

ではphotoイチゴ観察日記をご覧下さい.
 DSCF3313_025.jpg   DSCF3315_025.jpg   DSCF3316_025.jpg

真ん中の写真では3番目の花房の一番果が色付きはじめています.
そして,右の写真はその株を上から撮したのですが,もう4番目の花房がしっかりと出てきています.

ところで,直売店に出していた農薬散布の履歴にOKが出たので,再びプランター植えのイチゴを出してみようと思っています.
   DSCF3306_025.jpg    DSCF3308_025.jpg
今回は一株植えの植木鉢タイプも作ってみました.
残り苗をぜーんぶ売ってしまおうともくろんでます.




2011/03/07(月) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(1)

たく

『』

私も蛍光灯を考えた時がありましたが光の質が違うみたいで (専門用語で何か難しい感じ)諦めました。寿命と低電力は魅力ですけどね~。

2011/03/08(火) 17:21:05 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/529-df7c448b
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。