|  HOME  | 

奈落の底へ

ものすごい「谷」状態です.
まるで奈落の底に落とされたよう.
1週間ほど前に比べて半分以下,10日前の4分の1ぐらいしか採れなくなってしまいました.
本当ならこういう収量の少ない時は仕事を減らしてしっかり休養すればよいのですが,今はとにかく摘果をしなければ・・・と思い,今日も夜遅く(といっても7時半ぐらい)まで頑張って仕事をしました.

摘果は昨日も書きましたように,私の担当するところは「谷」です.
「谷」は全部花3つにしていきます.
特に今日やったところは電照の失敗をもろに受けたところで,2(腋花房)番目,3番目,4番目の花房が尋常でないスピードで出続けているのです.
感覚を置かずに次から次へと花房が出てくるので,結果として株についている花が多くなりすぎ,十分な摘果をしてやらないと株が弱り,実も小さなものしかできず,さらに次の花房にまで悪影響を及ぼすということになってしまうのです.

電照の失敗,具体的には試運転でつけてみた電照を切り忘れたために葉っぱが大きくなりすぎ,それに対処するために電照を一時止めたら,今度は葉っぱが縮んでしまい・・・という失敗なのですが,その影響たるや,恐るべし!

奈落の底に突き落とされている一番の原因はこの電照の失敗にあるようです.
例年「山」と「谷」は繰り返されるのですが,この時期にここまでの谷がくるとは・・・またもや,ピーンチなのぞみふぁーむです・・・

さて,今日は変なイチゴの写真をとってくるのを忘れましたが,夫がダニ密集地帯の葉っぱの写真を撮りました.
    DSCF3296_025.jpg      DSCF3294_025.jpg
これらの葉っぱにはちゃんと裏側にチリカブリダニがいるのです.
あたかもチリカブリダニに追ったてられて葉っぱの端の方でで団子状態になっているが如くに見受けられますが・・・真相は如何に?

ところで,今日直売店に小さな「ちょび」イチゴを持って行ったのですが,直売店にイチゴがほとんど置かれてなかったです.
岡山のイチゴは本当にどこへ行ってしまったのでしょうか?
みんなうちみたいに「谷」なのでそうか?それとも,イチゴ狩りがものすごい人気で,直売店に出しているような場合ではないのでしょうか?
不・思・議?です.

2011/03/05(土) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/527-e1f85caf
 |  HOME  |