|  HOME  | 

やっぱりイチゴは無いのか・・

今日も順調すぎるほど収穫量は減り,明日からはきっと労働時間も人並みになるのでは・・と期待が持てそうです.
思えば約3週間ほどの間,本当に大変でした.
つい3日前まではイチゴの海でおぼれそうになっていたのです.
それを助けてくださったのは,やはり個人のごひいきさんと直売店での多数のお客さんでした.
採れすぎて行き先を見つけるために多少思い切った値段で出させていただいたりもしましたが,たぶん直売店のほうも完売近いと思います.
その直売店ですが,今日も10時過ぎにはイチゴを並べび行ったのですが,やはりイチゴの出ている量が圧倒的に少ない!
出されている生産者さんの数が少ないですし,それぞれが出されているパックの数も少ないのです.
うちはかなりの量のイチゴを出し,しかも全部を売り切ってしまいたいので,思い切った値段をつけましたので,他のイチゴパックよりどうしても安めになってしまいました.
お客さんの中には「安いだけの品質かもしれないけれども,値段にひかれるわ.」とおっしゃる方も.
つかさず私は「いえ,たくさんとれたから安くさせていただいているだけで,品物は確かですよ.値段は生産者が勝手に決めるので,値段で品質がどうこうは言い切れません.」
そうなんです.
人とは商品に対して,安かろう悪かろうの感覚があり,安いものが売れるとは限らないんです.
というか,やっぱり景気が少し上向いていおるのでしょうか,安いだけでは買わないぞというお客さんが少しずつ増えてきているようなのです.
喜ばしいことです.
うちのスタンツは出来うる限る手間をかけて高品質のイチゴを作り,ある程度高級な値で販売することですから.
ただここ数日間はとにかくイチゴの在庫を絶対に出したくなかったので,べんきょうさせていただいたまでですから.

「あなたののぞみふぁーむに私はなりたい.」
最近私が思いついたうちのキャッチフレーズです.
「イチゴと言えばのぞみふぁーむだ.」という方が増えるような,そんなイチゴを提供していきたいですね.

2011/02/27(日) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/521-a797e734
 |  HOME  |