|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プランター苗売れ行き好調

ついにクリスマスイブがやってきました.
イチゴののっかったケーキは順調に売れているかな?
今日ハウスの外は気温がぐぐっと下がっていたようですが,日射が強くてハウス内はどちらかというと暑いくらいでした.
換気扇も何度も作動していましたから.

ハッチ達の引っ越しはうまくいったようです.(?)
確かに以前の巣箱のあった所付近でぐるぐる移動しているハッチ達がいたことは確認したのですが,その後そのハチ達がいなくなってしまったので,どうなったのかはまた明日調べてみます.
また教えてください,ありがとうございます.
明日困ったハッチ達がいたら,救出を試みたいと思います.

今日はパートさん達に床(ピートバッグを載せている棚の下)にはえた苔と数本出ている雑草を抜いていただきました.
うちのハウスは床面にマサ土が入っていて,その上をシートで覆っています.雑草対策です.
ところが,若干水はけが悪いのと雑草の恐るべき生命力とで苔や雑草がどうしてもはえてきてしまうのです.
それで,年に数回それを取り除いてもらうのです.
今はまだ寒い冬なので,そのようなことは起きませんが,雑草や苔の勢いが強いと,そこにショウジョウバエなどがわいてきます.(科学的表現でなくて申し訳ないですが,わいてくる,という感じなんですよね!)

ところで,今日のタイトルですが,A協直売店に持っていったプランター苗(赤くなりかけたイチゴ付き)がことごとく売れているのです.
うれしい限りです.
言い方はよくないかもしれませんが,私は常々イチゴを作るということは,農業の分野ではいわゆる「ニッチ」(隙間)産業だと思っています.(本物のイチゴ農家さん,失礼をごめんなさい.)
私の頭では農業といえば大黒柱はやっぱり米,そして,その次は穀類,芋類なのです.私の勝手な思い込みです,あくまでも.
イチゴはそれに比べると「ニッチ」だと思っているのですが,そのイチゴの中で,余り苗をプランターに植えてあたかも園芸鉢のようにカモフラージュして売るなんて,ニッチの中のニッチ,スーパーニッチだと思っているわけです.
でも,そのニッチな部分も大切に売り飛ばすことも,今後の農業経営には「あり」なのだとも思っているんです.
でもね,苗を店頭販売するのって,とても手続きが面倒くさいです.
完全無欠な使用農薬の履歴をしかるところに出して認可されなければなりません.
それでも,やられてみてはいかがでしょうか?
消費者は欲っしているようですよ.
ただし,許可がおりるのは古い品種に限ります.

2010/12/24(金) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(1)

たく

『』

プランターの苗を売るのはとても興味があります。家の品種は炭そ病にものすごく弱いので苗を沢山作るのですが毎年余ります。上手く病気を出さなかったご褒美的な感じで臨時収入があるといいですね ただ言われた通り簡単に譲渡や販売が出来ない品種なのでそれが出来ません 県外の人には譲渡出来ないし県内でも契約書みたいな書類を書かないといけないんですよね~。県外には出しません、譲渡するときは報告します。みたいな。

2010/12/25(土) 10:29:36 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/463-56be2fdb
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。