|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ピーンチ!つづき

ある事象が結果だとすれば,必ず原因があるはずですよね.
それをつきつめてそうならないようにすれば良いはずなのです.
そうなのです.
が,
うーん,よくわかりません.
イチゴを作り始めて6作目となります.
1作目はお盆の頃にハウスを建てながら挿し苗をしたというほど頂ゆっくりな開始.
2作目,3作目はまだ冷蔵庫処理をしていませんでした.
4作目はうちとしてはとても出来がよかったです.外張りの天の透明シートを張り替えたことが大きな原因かと思われます.
5作目,受精不良の実の多さに驚きました.
   この年,ハウスに入れられてすぐからハッチが飛ばず,困りました.結局もう1箱足してもらって,その箱の
   ハッチ達が頑張ってくれました.
   この年の野焼きはすごかったし,期間が長かったのです.
そして,6作目.
今日も受精不良の実がたくさん見つかりました.
昨シーズンの悪夢の再来です.
さて,4作目以前と5,6作目の違いはいったい何なのでしょうか.

ここ2年,秋から頂花房の実ができるころまでが暑い!というのはあります.
野焼きもすごくなっているような気がします.
二酸化炭素の濃度はかわりません.
使用農薬の種類は・・・夫がやってくれており,履歴も残っているので出張から帰ったら聞いてみましょう.
でも,そんなに違ってははいないと思います.
ただ,今年は「アディオン」騒動がありましたが・・・

うーん,ハッチが動かないことが受精不良の実の原因だと思います.
では,ハッチがなぜ動かなかったのか・・・しかも頂花房の2~6番花(開花期をずらしているので)の開花の頃だけ動かなかったのか・・・

ここ2シーズン同じことが起こったのですから,共通の原因があるはずだ!ってそんな簡単じゃないかな.
まあ,夫とじっくり考えてみます.

どうぞ,またいろいろと教えてくださいね,よろしくお願いします!

ということで,今シーズンも収穫期は「ピーンチ!」で始まってしまいましたよ.

2010/12/09(木) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(1)

たく

『』

頑張りましょう。イチゴの良いところは収穫期間が長いため、まだまだ挽回が可能なとこですよね。諦めたくなるのは5月位からでしょうか 笑 まあ、最初が良くても安心出来ないのがイチゴ栽培でもありますね。

2010/12/10(金) 09:54:06 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/448-ab1fd37b
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。