|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

42℃が限界値

今日も挿し苗を採った後のピートバッグの後かたづけをしました.
早く起きて早朝に仕事をすれば良いだけなのです.
でも,できへんねんなあ,それが・・・.

と,いうことで,今日も今日とて9:00頃から作業開始.
始めた時点ではハウス内は36℃,体を動かしても別に大丈夫な温度でした.
途中2回目の休憩をとる前.「もう,嫌だ!」と強く感じてハウスを出ました.
パソコンで,ハウス内の気温を確認してみると,42℃を超えていました.11時半~12時頃です.

つまり,私の場合は42℃でヤル気が急激に失せてしまうのです.
我慢をしてはいけないということを,ここ半月ほどの作業で勉強しているので,熱中症にはならないと思います.
でも,あと2~3日は今の作業の続きをしなければなりません.

今日,挿し苗の方には約1時間30分毎に1回約3分間ぐらいの給水です.
先日スプリンクラーと書きましたが,あの農業資材の正しい名前は「散水チューブ」と言うのだそうです.
明日から,手巻き(ハス口をつけたホースを使って)で一日に1回は給液をする予定です.
給液以外は今まで通りの散水チューブを使った給水をします.

2010/08/03(火) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/334-d7e92ce5
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。