|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ランナーをとります

イチゴはランナーというものが出て,そこから新たな株ができ,それが植えられることによって,新たな親株として成長していきます.
挿し苗をしてまだ約2ヶ月しか経っていないのに,定植したばかりの苗からは,どんどんランナーが出てきます.
新しい株を育てる時以外はとってやらないと,ランナーの成長で栄養がとられてしまいます.
だから,来年の6月までは,「ランナーを見つけ次第,徹底的にとれ!」です.

今日は全株のランナーをさがしてとりました.
ついでに,植え心地の悪い苗の姿勢も点検し,直していきました.

のぞみふぁーむでは約10000株のイチゴを定植していますが,その作業は岡山大学生のアルバイト生,パートさん等で,3日間(1日4時間程度の労働時間)で,のべ27人でやりました.
高設栽培なので,肉体には負担が少ないのですが,植え時にきちんと定植するには,人数が必要となります.

では,弱々しいなりにも,必死で伸びようとするランナーをご覧ください.                   1253597102f.jpg

2009/09/22(火) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/3-cacb21fc
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。