|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

何が効いているのか

今日は久々の好天で,イチゴの実の状態がとても良かったです.
何日か天気が続くと,色も味も良くなります.
しかし,これを書いている時でも,外は早や雨.
明日は午前中の早い頃に回復してくれることを祈りましょう.

さて,タイトルですが,スリップスとダニについてのことです.
どちらもいます.
いるにはいますが,あまり拡がっていません.
花の中のスリップスも,この時期としてはおかしいほどにちょっぴりです.
前回防除の薬をまいてからもう2回日曜日を迎えました.
つまり,来週の日曜日に防除するとしたら,防除が3週間もあくということになります.
これはすごいことなのです.

ダニの方ですが,やられている葉は何カ所もありますが,その部分は以前にカブリダニ(オレンジ色の凄い奴!)をまいたところで,よーく観察してみると,カブリダニもいるのです.
つまり,それなりにカブリダニが頑張っているのでダニの被害がそんなに拡がっていないのか,と思われます.

でも,農薬やカブリダニが効いているだけではないのでしょうか.
今年の天候の悪さ,もっと言えば今までの低温が効いているのではないでしょうか.
と,私は思っているわけです.
如何なものですかな?

2010/04/19(月) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(1)

みなすけ(伊勢より)

『いつも楽しく見させてもらっております。』

こちらも同じ状況です。うちのイチゴも思ったほど春らしい大きさになかなかならず、一月遅れくらいで推移しているようです。思ったようにはいきませんが、お互い最後までがんばりましょう!

2010/04/20(火) 21:19:36 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/223-cded79c5
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。