|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

販売するということ

今日の日照はこの春では一番強かったのではないでしょうか.
ぐぐっと赤みも増しました.味も乗ってきましたよ.

本来ならもっと収穫量が伸びるはずなのですが,今年はウドンコにやられっぱなしなので,かなり収量ダウンです.
それもありかな,今年に限っては・・・
何せ,今販売先に困っている状態なので・・・

うちは販売の中心をケーキやさんに置いています.
ケーキやさんの注文販売を一番にとり,残りを生食用として,直売店や近隣の農園,そして個人様の顧客販売とさせていただいております.

今年はイチゴがたくさんとれかけた春に入って,ケーキやさんの注文が伸びません.
ある店舗は昨年度の7割程度の注文.
さらに,ある店舗にいたっては,このシーズンに3週間以上も注文が入りません.

このような状態が続くと,結局パックや箱に詰めて直売店に出さなければならなくなってきます.
今までにも何度も書いていますが,パック詰めという仕事は手間と時間のかかる仕事なのです.
と言うわけで,ここしばらく「イチゴを詰める」という部分で時間がかかり,かなりの労働強化の日々が続いています.

イチゴももちろん含めてですが,農業をするということは,いかに生産物を販売していくか,ということにかかっています.
うちの場合は,販売ルートを自ら開拓していかなければならないのです.
今年はうまくいくかなと思ったのですが,やっぱり春になると新たな売り場を探さなければならない状態になってきました.

あーあー,うちのイチゴを名指しで買ってくださる素敵なケーキ屋さんがどこかにいないかなあ・・
生産しながら,その生産者自身が販売ルートを買いたくするのって,本当に大変なのですよ!

私,働けーガンバレー.

2010/04/02(金) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/206-40d197cc
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。