|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

生きてた!

今日のイチゴの実は久々にほれぼれするものでした.
食べてみると,・・やはり美味しい!
ついに戻ったと言う感じです.
決め手は日照だと思います.

先ほどTVで今年の農産物には寒暖の差と日照不足が大きな影響を及ぼしているという報道を観ましたが,本当にそのとおり!
うちの場合は特に日照不足でずっとやられっぱなしでしたが,なんやかんや言ってやっぱり春本番がやって来たのでしょう.
実の状態が良くなってきたことに安堵しました.
ただ,摘花(果)と十分な日照からくる株の生育から,またもや実のサイズが大きくなってきましたので,ケーキやさん好みのサイズより大きめイチゴがいっぱいとれてしまうようになるかも・・

これからは収穫量も安定してくるでしょう.

春になると,うちだけに限らずイチゴを生産しているところの収穫量はぐーんと上がってきます.
春の日照は収穫量のみならず,いちごの品質をも高めます.
今までより良いイチゴが今までより大量に出回るので,価格は下がっていきます.

だから,春というのはうちのようなシーズンを通してずっと高品質を保つように作っている生産者にとっては,しんどいことも生じるのです.
イチゴの相場が下がるとうちのイチゴを買わないお店も出てきます.
うちのイチゴでなくても,相場の下がったイチゴを買えばいいわけですから.

そうして,春というシーズンは毎年うちのとっては悩みの種になるわけです.
今シーズンもそんなこんなで,また新たな取引先を探さなければならなくなってしまいました.

そうなんです.
農業って作ることよりも,生産物をいかに売るのか,ということが最も重要な問題なのです.
そして,そのことは実はけっこう大変なんです.
日々収穫量が増えて行く中,その売り先を探す時期が続きそうです.

さて,今日の題ですが,「カエル」のことなのです.
うちのハウスで植え替え苗のポットを置いている付近でカエルが越冬していたみたいです.
先週気がついたのですが,アミスタとモスピランを植え替え苗にもまくので,週末にまくときにカエルもやばいかも?と思ったのですが,今日元気な姿を見つけました!
生きてたんだね!カエルちゃん
    PICT0151_030.jpg       PICT0152_030.jpg

1匹のカエルを前からと後ろから撮影しました.
よかったね.
まあ,食料には困らないだろうけれど,いつからハウスで生活しているのだろう?ですね.

2010/03/30(火) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/203-d8fc6092
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。