|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

始まり

先週末に挿し苗をしました。
         DSCN0156_025.jpg
今シーズンは挿し苗の子苗を切ったまま姿勢を正して冷蔵庫にため、それを2日間に分けて挿しました。
例年は切り取った子苗をすぐに1000倍の食用の次亜塩素酸ナトリウム液につけてから冷蔵庫で保管していたのですが、今シーズンは挿す直前に次亜塩素酸ナトリウム液につけることにしました。
それと、挿し苗の日以前に切り取る子苗の数を今まで以上に多くしました。
挿し苗の前の週にパートさんに頑張っていただかなくてはいけなかったのですが、だんだん私達が年を取るにつれ、挿し苗の作業の大半を一日でやってしまうことが難しくなるだろうと思ったからです。
だんだんぼちぼち作業をしなければ拾うがきつくなってできなくなっているのだと思います。
加齢は仕方ありません。

さて、今シーズンも13000本以上の挿し苗をしました。
DSCN0159_025.jpg   DSCN0158_025.jpg   DSCN0157_025.jpg
左が標準のすくすくトレー、真ん中がスリットは全面に入っているポットレストレー、右が小苗を挿したセルトレーです。
セルトレーは面積が小さく深さもあまりないので、苗抑えのピンが使えないので、クリップで押さえを作りました。

今は30分に1回ずつミストを飛ばしています。

今日は午後からゆっくりしましたが、明日から苗を切り取ったところの株やピートバッグの後片付けをします。
新しいシーズンのは締まりです。
そして・・・
暑い夏の本格的なお片づけの始まりです。

おいおい前のシーズンの反省も書きますので、よろしく。

2015/07/20(月) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/1297-ad360f4e
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。