|  HOME  | 

気分は廃業

今日はまるで春が突然やってきた!という感じでした。
日射もかなりあり、日中は何度も換気扇がまわり、ハウス内の湿度もぐんと下がってとてもいごこちが良いように思えたのですが、・・・うちのハチたちは出てこない!
ハエも羽化しない。
花には花粉がしっかり残っています。
またまた不受精果ができてしまうのだと思います。
どうして今日のようなお天気でもハチが見られないのか・・・たぶん圧倒的に個体数が足りていないのだと思います。
14時頃に少しは花から花へと花粉を足につけて飛んでいるハチがいるのかもしれませんが、ハウス中の花を回り切るには個体数が足らない。
だから花粉の残っている花がたくさんある。
ということにしておきましょう。

ところで、うちのハウスではまだずっと不受精果の弊害がでています。
収穫量は一番ひどい時(3日前でついに8kg!)よりはとれるようになりましたが、まだまだ全然少なくて、しかもこれからもずっと不受精果が続いていきます。
まだ何週間も回復しないと思います。

なぜこんなに悲惨なことになっているのでしょうか。
夫は電照をいらいすぎたからだと言っています。
が、私はそれも一因だとは思うけれども、もっと大きな原因が日中のハウス内の温度が低かったからだと思います。
ハウス内は動きたくない温度だったのでしょう。
そのとき、ハチたちは巣箱の外に出ず、食料補給も難しかったからか、かなり個体数が減ってしまったのだと思っています。
不受精果がずっと続いても仕方がないかもしれません。

今日花粉の有無を調べていて、スリップスがかなり花に入り込んでいるのを見つけてしまいました。
スリップスの防除は羽化したて(今日はまだしていませんが)のハエによくないかもしれません。

というわけで、今シーズンはさんざんです。
今週は香川の生産者さんたちに足らずを助けていただきました。
ありがとうございます。
うちはイチゴの収入だけで生計を立てているわけではないので、この状況を乗り越えられますが、普通だったらもう廃業ですよね。
だって、まともにとれたのは頂果房と腋果房の途中までだけですから。
この先数週間後にきちんととれるようになっても、イチゴの相場が下がってしまったところでとれるわけですから、収入面からみると、かなり厳しいものがあります。
また、贈答用のイチゴやその他、個人のご贔屓様のご注文は2週間近く全てお断りしていますので、今まで地道に作っていった「信用」をかなり損なってしまったと思います。

まあ、気分は廃業です。
イチゴ生産者としての仕事では無責任なことはしません。でもそれくらいヤル気がなくなっています。


2015/03/13(金) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(2)

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/16(月) 10:08:00 | | [ 編集]

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/15(日) 07:28:00 | | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/1279-49b27772
 |  HOME  |