|  HOME  | 

腋果房の大爆発

クリスマスイチゴについては出来る限りの手立ては打って、あとはお天気頼みです。
今日は全国でかなり荒れ模様のお天気でしたが、うちの辺りは午後から薄日がさしていました。
午前中は何度も温風機や二酸化炭素発生装置が作動していましたが。

さてタイトルですが、毎年のことなのですが腋果房はものすごい山状態になってしまいがちなのです。
         PC150094_025.jpg       PC150091_025.jpg
左は一番最後に定植したところで、まだ頂果房さえ赤くなっていないのに、もう腋果房の花が咲いています。
右は一番初めに定植したところで、明日の収獲でほぼ頂果房はおしまいになりますが、腋果房の状態は左の寫眞の株とあまりかわりません。
遅く定植した株は腋果房が出てくるのが早い!場合が多いのです。
ということで、腋果房はこちらの意図しているよりもずっと揃っちゃうのです。
あ~あ、大爆発がやってきますよ、きっと。

2014/12/15(月) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(1)

no name

『No title』

こんにちは。すいません、腋果房って何の事ですか?2番果ですか?それとも脇芽からの花ですか?脇芽なら2芽残しをされているのでしょうか?すいません、いきなり不躾な質問で。

2014/12/16(火) 11:00:21 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/1259-7326125a
 |  HOME  |