|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

反省会2

今シーズンの反省会の続きです。
生育についていろいろ出てきた問題点を確認しました。
今シーズンの収穫量に影響を及ぼした悪者は、アブラムシとダニです。
たんそ病は年々増加しているようにも思えますが、まあ植え替えたらなんとかいく範囲ですし、ウドンコ病は今シーズンに限って言えば、最近数粒みつけるぐらいで、ほとんどやられたという感はありません。
灰色かびはやはり内張りがはられ、天気が悪い日々が続くと出てきましたし、今シーズンは補助苗を置き過ぎたのですが、そこが発生源となり、たぶん灰色かびの空気中の密度が高かったのは反省しなければならないと思いました。

アブラムシについては、マミーを入れたのですが、マニーの成虫アブラバチと有翅のアブラムシを見間違えて放置している間にものすごく増えてしまいました。
ダニは最初にいれたのがミヤコカブリダニとチリカブリダニが半々というへんてこりんなセット販売にひっかかったのが、それ以降の後手後手になってしまったことに影響していると思います。

さて、私としては毎年思っていることですが、受精不良の不受精果をなんとかしたい、という点につきるのです。
ハウス内の温度設定を12℃ぐらいに上げると不受精果があまりでないということを生産者さんから聞いたこともありますので。来シーズンはもっと室温をあげるようにしたいのですが、この点に関しては夫と意見が一致しません。

続きはまた明日。

2014/06/17(火) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/1202-be7a8cd8
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。