|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

6次産業の彼方へ

イチゴの生産をしているので、1次産業。
それを加工して(2次産業)、販売したい(3次産業)。
1+2+3=6.いわゆる6次産業化というやつです。

だぶつく時期のイチゴを加工してそれを販売していきたい・・・
たとえば冷凍イチゴとかイチゴジャムとかを作って販売したい。
でも、そこがやっかいで、いろいろと手続きをしてお金を払って許諾を受けなければならない。
そんな時間も投資も今すぐにはできないでしょう。
6次産業化はそんなにすぐにはできない、とわかりました。
でも、イチゴのだぶつきは待った無しでやってきました。(現在完了形です・・・)
そこで、今日は夫と相談してタイトルのように6次産業の彼方へと、発想の転換をすることにしました。

自分たちが加工するのはいろいろと困難である。
だからその部分は購入して下さった方々に自力でやってもらおう。
購買者がやってみたくなるようなキャッチフレーズを目立つところに貼ってみよう。

というわけで、こんな文言を考えてみました。
「へたをとって凍らすだけで、冷たく美味しい冷凍イチゴのできあがり!」
どうでしょう?こんなキャッチフレーズがイチゴパックのかぶせセロハンに貼られていたら、なんとな~くやってみよかな、なんて思ってしまうかも?

明日からだぶつくイチゴをこの言葉の呪文で買いたい気持ちになってもらえるように・・・頑張るぞ!

ところで、この週末に重大な決心をしました。
ジャジャジャジャーン
今シーズンは6月30日をもって終了するぞ~。
収穫するのもそれを配達するのも6月30日でお・し・ま・い!
決~めた!

2014/06/08(日) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/1196-56f6b090
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。