|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

腋果房・・・心配です

もういくつ寝ると、くりすます・・・
うちのイチゴは今不受成果が多くなっています。
粒の大きいところが終わりかけて、ケーキ用にはまあまあ良いサイズのものがとれているのですが、贈答用は苦しくなってきています。
本当ならばまだまだ大きいイチゴもとれるはずだったのですが、一番遅く定植した10月1日植えの小苗の一番目の実がとても小さいのです。
小さい実が早めにできて、しかも腋果房の花が咲いてしまっていたりする・・・
       PC160107_025.jpg

昨日もちょこっと書きましたが、腋果房の揃い過ぎが大いに困った問題になっていくでしょう。
近年にない代々爆発が40日~50日後にやってきます。
その頃、どうぞうちの贈答用のでっかいイチゴをご注文ください。
って、このブログを読んでくださっている方のほとんどがイチゴ生産者さんなのですよね~。  

2013/12/16(月) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/1158-17412aa3
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。