|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クリスマスモードにチェンジ

長らくお休みしていました。
その間、イチゴは順調にとれていましたが、まあ、とにかく忙しかったのです。
イチゴがとれるということは、それを入れるトレーをきちんと洗わなければなりません。
先週末にはカブリダニも入りました。
カブリダニを入れるにあたっては、ダニの広がりをチェックしたり、あまりにダニの個体数が多いところには前もってサンクリスタルをまいて減らしたり・・と準備にも手間がかかります。
このカブリダニについては一言申したい!
前もって書いておきますが、ミヤコカブリダニが好きな方、ごめんなさい。

今ある企業ではミヤコカブリダニとチリカブリダニを1本ずつセットにしてお安くし、それをオススメしていることが見受けられます。
私はミヤコカブリダニを全く気に入っておらず、膜時間ロスを思うだけでも「タダでもいらん!ミヤコカブリダニ!!」という気持ちでいるのですが、残念なことにそのチリミヤコのセットが3セットもうちに来ることになってしまったのです。
1本のボトルにチリカブリダニは2000頭、ミヤコカブリダニはなっなんと5000頭も入っているのです。
とりあえずまきましたが・・・
私が思うに、このセット販売はミヤコカブリダニの在庫一掃セールだったのではないでしょうか。
あくまでも推測ですが、きっとチリカブリダニの方は順調に売れているにもかかわらず、ミヤコカブリダニはあまり売れず、在庫g大量にあるのではないでしょうか。
とにかく、こんなセット販売に巻き込まれずに、必要な物だけを求めるようにしましょう。

さて、実の状態ですが、不受成果がかなり出ています。
それに、一番の懸念は腋果房が全体に遅れ、しかももともと頂果房が早かった株は遅れ、遅植えの株が早く、その結果恐ろしいことに1月中旬頃から下旬は実が極端に少なくなり、2月中旬に大爆発する、という予想がたってしまいました。
今シーズンの腋果房は揃いすぎです。


2013/12/15(日) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/1157-3fd6dc8f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。