|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

うちはまだまだ

今シーズンのイチゴの生育は確かに早いようです。
女峰の生産者さんの中でももう赤い見の収穫を始めておられるところがあるようですが、うちはまだまだ。
    PB090021_025.jpg     PB090022_025.jpg
左の寫眞が今日見た中で一番進んでいる実です。
全体が少し白っぽくなってきていますが、まだまだです。
スケールにボールペンの先を並べてみましたが、イチゴの実の小さいこと!
9月の最初にちょっとだけ涼しい時期があって、そのころに花芽ができたのでしょうが、それから猛烈な暑さが続き、今でも暑くって生育は早いのですが、株が充実していないのかな。
実が小さくなりがちのような気がします。

右の寫眞は一番早くに花が咲き出した株の一つですが、残念なことに不受精で見を落としてしまいました。
右のような株がたくさんあります。

内張り張替えの作業は今日も大工さん達が頑張ってされていました。
もう少しでできあがるのでしょう。

早朝に二酸化炭素を発生させていますが、タイマー制御のみで発生させている今日このごろは、1500ppmぐらいしか上がっていません。
ええんか?と私は心配しているのですが。

2013/11/09(土) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/1136-70b269d7
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。