|  HOME  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おお、恵みの雨!

昨日までの暑さとは打って変わって、今夜は涼しくなりました。ひゃっほ~♪
ハウスの屋根にふった雨を貯める貯水タンクも満杯で、どんどん溢れでています。
ハウス内に水が溜まってしまったのも本当に久しぶりです。
今シーズンは今まで本当に雨降りが少なかったですよね。
水の管理はほとんど全てパソコンがやっているとはいえ、雨水が貯まればそれを使えば良いということなので、金銭的には嬉しいです。
何度か書いていると思いますが、うちでは基本的に雨水を使い、それが無くなれば水道水を使っています。
日本で降る雨水は日本の田畑を自然に潤しているものですから。
川の水とか地下水とかはしっかりチェックして使わなければなりません。
水の性質はとても大切ですから。

今日の収穫した実は一部スリップスにやられた実があるものの、全体的にはこの時期としては粒も質もよかったです。
季節が春から初夏へと変わってくる頃に実の品質が極端に悪くなったりしますが、私は、暑さどうこうよりもやはりスリップスの影響が一番大きいと思っています。
昨日までの数日間はめっちゃくちゃ暑かったけれども、花の頃のスリップスの防除が効いていたので、実の品質はそんなに落ちてはいなかったように思えるのです。

ただ、毎週のように防除していても完璧にスリップスの被害を食い止めることができるかというと、そうではない。
ものすごくやられている実もあります。
そんなイチゴの実を見て夫は、うちでまいている農薬に耐性いのあるやつが残っていき、シーズンも終了近くになると、その系統がしっかり広がって活動しているから、ではないかと言うのです。

よく言うでしょう

薬はだんだん効かなくなると。
その薬に打ち勝つやつの子孫が増えていくというわけです。
ダニ剤を巻き倒しても広がりをおさえきれないということは、今まいている農薬の耐性があるやつが増え続けているのかもしれません。
だからいろんな系統の農薬を使うということが大事になってくるのですよね。

2013/06/19(水) | 生育状況 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nozomifarm.blog91.fc2.com/tb.php/1054-95d38a23
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。