|  HOME  |  前のページ»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

次亜塩素酸 by平取締役

 久々の平取締役です。
 
次亜塩素酸について,ずいぶん前に質問があったのですが,仕事の合間に文章を整理している内に時間が過ぎてしまいました。余り遅くなって,この夏からの育苗に間に合わなくなってもいけないので,不十分かもしれませんが,とりあえずアップします。わかりにくいところは,またご質問ください。
 とりあえず,次亜塩素酸で消毒した水をザブザブ苗に掛けて,炭疽の被害出さずに育苗してます。
 のぞみふぁーむでは,食品添加物用の次亜塩素酸ナトリウム(有効塩素濃度12%,20L入りキュービックコンテナ)を購入し,原水(ハウスの屋根からタンクにためた雨水)の消毒に「効果があると信じて」約1万倍(有効塩素濃度約12ppm)に希釈して使用しています。育苗時のみで,通常のバッグへの給液の際は無添加のままです。クロラミンができたり,金属イオンの微量要素が酸化されて不溶化したりといった問題が起きる可能性があるので使ってません。育苗中は大丈夫なので,たぶん問題はないと思いますが。。。。,
 同じ有効成分を含む農薬としては,次亜塩素酸カルシウム(いわゆるさらし粉)が「ケミクロンG(有効塩素濃度70%)」として販売されています。使用方法として,用水の消毒には「5万~10万倍希釈」することとされており,希釈液の有効塩素濃度は7~14ppmになります。有効塩素濃度12%の次亜塩素酸ナトリウムであれば,8千~1万5千倍に希釈すると濃度はほぼ同じということです。保管する上での安全性はケミクロンGがはるかに高く,貯蔵中の変化も気にする必要がないので使いやすいのですが,溶けるのに少し時間がかかるのと,価格が少し高い(たいした額ではありませんが)ので,ナトリウム塩の水溶液を使っている次第です。
 食品衛生法に基づいて厚生労働大臣が食品添加物として指定している次亜塩素酸ナトリウムを「農業用水の消毒」に用いることは,現在の法体系では想定されていません。したがって日本国政府が法的に認めた合法的な行為ではありませんが,次亜塩素酸ナトリウムについてはH15年度の農薬取締法改正に際して加えられた「特定農薬」という制度の中で「取り締まりの対象としない」資材に指定されています。つまり,「自己責任」において使用することは認められていますが,薬害や使用者・消費者に健康被害等が及んだ場合でもあくまで使用した側の「自己責任」ということになっています。

 農薬取締法で「農薬」は,「農作物等を害する病害虫の防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤その他の薬剤及び成長促進剤、発芽抑制剤その他の薬剤」と定義されています。そして,「特定農薬」を除く全ての農薬は「薬効、薬害、毒性及び残留性に関する試験成績」をつけて農林水産大臣の登録を受けなければ製造,輸入,加工,販売してはならないとされています。
 「特定農薬」は,「その原材料に照らし農作物等、人畜及び水産動植物に害を及ぼすおそれがないことが明らかなものとして農林水産大臣及び環境大臣が指定する農薬」と規定されています。ですが,H25年1月時点では平成15年3月10日時点で指定された以下の3種類しかありません。
1重曹
2食酢
3天敵(使用場所と同一の都道府県内で採取されたもの)
これらのものは,効果がある「農薬」として加工販売が認められています。
その他のもので,これまでに「特定農薬」の候補として検討され,今後再検討の対象としないものがH23年4月に公表されました。この中に次亜塩素酸ナトリウムが含まれています。
http://www.pref.aichi.jp/byogaichu/tebiki/10sankousiryou/10-7.pdf

 さて,問題の次亜塩素酸ナトリウムはこの時「資材の原材料に照らし使用量や濃度によっては農作物等、人畜及び水産動植物に害を及ぼすおそれがあるもの」に分類され,「農薬として輸入・製造・販売・使用」した場に合は、取締りの対象になることが明示されました。しかし,「農薬」としての効能をうたっていないものを使用者が農薬的に使えると信じて入手し、自分の判断と責任において使う場合は、取締りの対象にならないことも同時に明記されました。
 つまり,「食品添加物」として製造販売されている次亜塩素酸ナトリウムを購入し,「農薬としての効果を信じて」使用することは,「非合法な行為」ではありません。ただし,「使用量や濃度によっては農作物等、人畜及び水産動植物に害を及ぼすおそれがある」ので,推奨されているるわけでもありません。あくまでグレイゾーンであって「農薬取締法上は警察の取り締まり対象でなく,犯罪行為にはならない」というだけです。
 しかし,次亜塩素酸ナトリウムは食品添加物に認定されており,水道水の殺菌など古くから様々な用途に使用されている殺菌剤です。化学式はNaHClOで,すぐに分解されてナトリウムと塩素と水になります。カット野菜の殺菌・消毒には,有効塩素濃度100~200ppm(12%液の1200~600倍希釈液)の次亜塩素酸ナトリウムが使用されており,5~10分浸けた後に水道水で洗浄してから袋詰めされています。したがって,それ以下の濃度で残留毒性等が問題になることはあり得ません。また,次亜塩素酸は紫外線や有機物に接触するとですぐに分解されてしまいます。比較的高濃度の液であっても使用後1~2日間紫外線(自然光)にさらせば分解されるので,使用後すぐに水路に流すようなことがなければ排液が環境に悪影響を及ぼすことはありません。きちんと処理すれば「人畜および水産動植物に害を及ぼす」ことはほとんどないといえます。
 そうなると,問題となるのは使用する濃度や使用方法によって発生する「農作物に対する害」,つまり「薬害」ということになります。これはどこへも苦情を持って行く先はなく,混用や高温が原因で通常の農薬で発生する薬害と同様にあくまで自己責任になります。
 のぞみふぁーむのハウスでは基本的に雨水を利用しており,1tタンクを9個連結した貯水槽から一度1tタンクに移した雨水を給液に用いています。足りないときには水道水が自動的に補給される構造にしてあります。育苗中の潅水や培養液施用にもこの水を利用しており,育苗中は毎朝50~100mlの次亜塩素酸ナトリウムを1tのタンクに入れて使用しています。挿し苗直後で日中30分ごとに散水している間は100ml,活着後朝の手潅水と昼過ぎ(13時ごろ)の散水チューブによる潅水の2回になってからは50mlを毎朝タンクに入れます。12%の次亜塩素酸ナトリウム100mlでおよそ1万倍=有効塩素濃度12ppm,50mlで約6ppmです。これで,炭疽病が広がること防いでいます。いくら気をつけていても,発生ゼロという年はこれまでありません。少しは出ても,早めに発病株を取り除いてやれば被害が広がって苗が不足するということはこれまで経験したことがありません。
 このタンクの水はフロートスイッチで使った分だけ補充されるので,徐々に薄くなります。理論的にはタンクの半分約500リットルを使うと濃度は0.6倍,1t使うと0.36倍(12→4ppm)にまで低下します。毎日同じ量を足していると,前日までに加えたものがある程度分解されずに残っているので,少しずつ高くなる計算になります。正確に残留塩素濃度を測定したことはありませんが,徐々に分解される上に原液の次亜塩素酸濃度も日々低下するのでそれほど大きな違いはないはずです。

 香川県を中心とするらくちんシステムの普及にあたっては,原水として水道水の使用を推奨してきました。清浄な(鉄分など濁りやドリッパーの目詰まりの原因となる物質の少ない)水がでる井戸を掘り当てることは難しく,河川やため池の水は病原菌汚染等のリスクが大きいというのがその理由でした。香川県外の産地も含めて考えると,これまでの経験則として,水道水を利用しているほうが井戸や河川,ため池の水を利用している地域や農家と比較して炭疽病の発生が少ないことが知られています。水道水では,蛇口から出た段階で残留塩素濃度が0.1ppm以上であることが義務づけられており,上限値の規制はありません。一般的には0.5~0.9ppm程度が多いようで,日本の水道水の安全性にはこの塩素の存在が大きく寄与しています。炭疽病の問題についてもこの塩素が影響していることは間違いありません。

 自分たちが栽培する農作物以外の「人畜及び水産動植物に害を及ぼす」可能性に十分配慮して「農薬としての効果を信じて」使用すれば,社会的に問題となることはないといえます。私個人としては,そのことによって病害虫発生が抑制されれば,化学農薬の使用量が減らせるので社会に貢献する行為ととらえてよいと思っています。なお,次亜塩素酸ナトリウムは毒劇物に指定されていませんが,取り扱い上は非常に危険性の高い化学物質です。台所用漂白剤(キッチンハイターなど)の主要成分ですから,使用上の注意事項は漂白剤と同じと思ってください。ただし,漂白剤には界面活性剤が入っているため食品に対して直接使用することはできません。農業用水の殺菌に利用することは想定されていないので使わない方がよいでしょう。でも,食器やフキンの洗浄に利用できるのですから,残留が問題になるような成分を含んでいるわけでもないはずです。これもグレイゾーンだと思いますが,食品添加物の次亜塩素酸と比べると,少しだけですが色が濃いということになりそうです。
スポンサーサイト

2013/04/26(金) | 栽培技術 | トラックバック(0) | コメント(1)

ピートバッグ利用を巡る諸問題 by平取締役

ご無沙汰の平取締役です。

ピートバッグを入手したいと言う問い合わせをいただきました。とりあえずは,その回答から,

先ず,イチゴの定植時期に合わせて必要量しかしてませんから,この時期手に入れるのは難しいと思います。
私の持っている情報では,香川(善通寺)と岡山でしか作ってませんので,遠いところで入手しようとすると運賃ばかりになる可能性が高いと思います。

どちらにお住まいの方かわかりませんが,とりあえず
住化農業資材(http://www.sumika-agrotech.com/company/network.html#05)
の四国営業所に問い合わせてみて下さい。私の所はそこから入れてもらってます。

ピートバッグを使ってみたいと言うのは,ごもっともだと思いますが,買ってきてイチゴを植えれば育つというものではないという点だけは理解しておいて下さい。ポットドリッパーによる点滴給液とCO2を中心とした環境制御が必須です。

普及はしてませんが,トマト,キュウリなどイチゴ以外の作物を育てることも難しくないのですが,安価な灌水チューブで給液することは想定してません。ドリッパーから設置するつもりが無いと言うことであれば,市販のピ^トモスを大袋で買ってpH調整(だいたい1L当たりで苦土石灰7g程度)をしてプランターに植えてみるほうが良いと思います。メーカーではピートバッグ用のピートは毎年吟味して購入しているとのことなので,ロットの問題はあるかもしれませんが.....

ピートバッグ利用を巡る諸問題

ここから本題です。

まずは,何故ピートモスがよいのか?
これははっきり言ってわかりません。物理性,理科学生我に多様な培地は他にもありますが,「何故かはかの培地よりも作りやすい」としか言えません。

毎年更新が必要か?大変大きな問題です。
継続使用しても問題無くできることが多いのですが,基本的には毎年更新します。何故か?と言うと,リスク回避です。
昔のベルギーのデータでは,平均で収量が7%下がるとされています。先日のイチゴフォーラム(園芸学会春季大会,大阪府大)でも「(株)清和。」( 。 の意味は知りません)の斉藤さんがオランダは毎年更新と言うことを話しておられましたが,その根拠の一つです。
土壌伝染性の病害をきちんとコントロールすれば必ずしもそんなことはなく,前作の残効でむしろ初期生育は古培地がよいと言うこともしばしば起こります。
でも,何が起こるかわかりません。特に何か未知の問題が起こったとき,原因が他の所に有ったとしても最初に疑われるのが培地の問題になりがちです。毎年更新して新しいバッグを使っていれば,バッグが原因でないことを前提に問題の解明に掛かれますが,古いバッグを疑い出すとそこで止まってしまいます。
「新しい培地もどんなのが来るかわからない」と言う意見も聞くことがありますが,これはメーカーとの信頼関係の問題です。
新しいバッグを使っていれば「去年と同じ培養液管理で去年と同じように作れる」はずです。もちろん苗の状態や気象条件が変わるので,同じになることはないのですが,少なくとも一つ「余計な事は考えなくて良い」事になります。リスク回避に加えて,改善すべき点,今年ダメだった点が毎年見えてくると言うことも大きなメリットです。
誰が作っても70-80点のイチゴが出来るのが「らくちん」の良いところなんですが,腕に覚えのある人ほどそれが気に入らない場合が多いようです。イチゴ栽培の経験が豊富な人ほど,マニュアルと違うことをしたがる傾向にあり,いろいろと失敗事例を勉強させてもらう教材になったと言うのが私の経験上の結論です。だいたい初めてイチゴを作る人は問題なく出来て(もちろんいろいろな作業が後手に回ることが多くて一年仕事に追われてしまうのですが),「3年目に失敗をやらかす」のが一つのパターンです。
病害虫防除は経験が浅いと後手に回りがちですが,周囲に言われるとおり,マニュアルに忠実に管理をしていると問題なくイチゴは育ちます。それで2作ぐらい出来ると,工夫してみたくなるのが人間です。「自分はこう思う」と違うことをしてみることになります。でも,ほとんどの場合は既に誰かが試みてダメだったことのく入り返しであることが多いと言うのが結論です。
でも一度はこういう失敗をしておかないと,どこかで大きな失敗を経験することになりやすいように思います。

事案もないので,今日はここまでです。何時になるかわかりませんが,続きはいづれ。





2012/04/01(日) | 栽培技術 | トラックバック(0) | コメント(0)

蛍光灯を使った電照(by平取締役)

ごぶさたしてます.久しぶりの平取締役です.

まずもって,今回の地震,津波,原発事故で被災された皆さんにお見舞い申し上げます.

今日は,電照の話を整理しておきたいと思います.
実は早く目が覚めたので朝から仕事をしようと思ってたのですが,USBメモリーを持って帰ってくるのを忘れてしまいました.

ので,これを書いてます.

この3年間,電球型蛍光灯を使って見た結果と我が社のハウスでやっている省エネルギー型電照についての紹介です.

うちのハウスは,間口6.5mの5連棟で電照を1棟に2列入れてます.基本は3mピッチで反射型の40W白熱電球です.両端は少し足りないのと当たらないところが出やすいので60Wの普通の電球をつけてます.

まずは電照の付け方ですが,基本は夜の11時から2時まで,1列ずつ30分の点灯を繰り返して合計3時間,これで連続2時間とほぼ同じ効果が得られてます.

○1個が15分点灯,●が消灯15分として,詳しく書くと,

   11時  12時  1時   2時
|   |   |   |
東列  ○○●●○○●●○○●● 
西列  ●●○○●●○○●●○○

という風に点けると,2列一緒に

   11時  12時  1時   2時
|   |   |   |
東列  ○○○○○○○○●●●● 
西列  ○○○○○○○○●●●●

と点けるのとほぼ同じ効果が得られます.

電球1個ずつで考えると,90分で120分の効果が得られるというものです.

内張の上から点けている関係もあって,ついてないところも薄明るい状態になり,多少は影響しているような気がしてます.イチゴだと1列しか入ってないハウスが多いので,すぐ導入とはいかないところが多いとは思いますが,お勧めできる技術だと思います.

学会で発表するようなデータは集めてないので,紹介のみです.

電球型蛍光灯ですが,3年前から一部に付けてみて,少しずつ増やしてます.
注意してもらいたいのは,
試験的に入れる以外,
少しずつはやめておいた方がよい
と言うことです.

消費電力17Wで明るさは60W相当という蛍光灯で,赤色の強い昼光色を使ってます.MADE IN CHINAで特微雨で安く売っていたときに買ったものです.

白熱電球と光質が違って遠赤色(赤外)光がほとんどないためだと思いますが,葉面積拡大の効果は劣ります.

人間の目に感じる明るさは同じでも,植物が感じる光の強さとはしては不十分ということになります.

1月末頃までは違いはわかりません.

が,2月の中頃から蛍光灯の下だけ縮んでしまいます.

3年続けてなので,間違いないと思います.

1月頃までの主力の葉は1ヶ月あまり前,つまり果実の着果負担が大きくなり始める頃に展開した葉に当たります.11月10日頃から電照が効き始めた頃に分化して,着果負担が軽い時期に発育した葉と言うことになります.

2月になるとその後に分化発育した葉に替わっていくわけですが,その頃は冬至に近づいて日射量が一番少ない時期で,腋花房の開花が始まって着果負担も大きくなります.

11月の電照開始期の効果は十分だけど,12月から1月頃の電照の効果が不十分だと言ってよさそうです.

来シーズンは,1棟か2棟を全部蛍光灯に変えたうえで,この時期の点灯時間を延ばしてトライしてみようと思います.

大学で実験してからの方がよいのですが,この手の実験には面積がいるのでちょっと難しいと言うことで,いきなりの現地試験になります.

社長に怒られるかもしれませんが,リスクを背負って現地試験ができるのも,何とか成り立っているベンチャーの役割と面白さだと思ってます.

2011/03/29(火) | 栽培技術 | トラックバック(0) | コメント(0)

花芽分化と窒素 by平取締役

社長が北海道にいる関係で,久々の更新です.
先日社長が書いていた培養液の話を少し.

植物の花成と窒素の話は特に樹木では昔々からいろいろ言われているところで,
齢が進んでC/N(炭素と窒素の比)が高くならないと花が咲かない,という話です.
若木は窒素=葉が多くて炭素=炭水化物でできていて窒素濃度が低い幹や根が少ないので花が着かない.
でも齢が進むと木全体としてC/N率が高くなって花が着き,
「桃栗3年,柿8年,梅はすいすい13年,ゆずの大馬鹿15年」
ということになります.

イチゴでは,我が恩師F先生が奈良農試で 「宝交早生の断根ずらし」 という技術に仕上げて定着しました.
1960年代後半,40年以上も前の話です.

理屈は同じです.

ということなんですが,C/Nの中身はよくわかってません.
窒素が多いと盛んに葉を作って栄養成長が促進され,不足気味になると栄養成長が押さえたれて花ができやすくなる.
成長に不適な条件になると次の世代を残そうとする.
ということなのですが,植物体内で何が起こっているのか,何故そうなるのかはよくわかりません.
生理学的にはもっと突っ込んでみたら面白いと思います(個人的には,遺伝子やフロリゲンの話よりずっと).

宝交早生の頃には,イチゴは仮植床といって畑に畦を立てて20cm×20cmぐらいに植え付けて苗を育てていました.
この苗の根を鋤で切り,少し場所を「ズラシてやる」のが「断根ずらし」です.
根が切れて,養分吸収が抑制され,C/Nが高くなって花芽分化が早くなるという理屈です.

農業用ビニルの普及と時を同じくして,日本中で宝交早生の促成栽培が行われるようになった時の基本技術です.

ところが,イオウ病(宝交早生は特に弱い)が日本中で大流行したこともあり,九州で始められたポット育苗に変わりました.
窒素のコントロールも簡単で,断根によって傷口からフザリウム菌(イオウ病の病原菌)が入ることもないので,一気に日本中に普及したのが1980年頃です.

宝交早生の時代からイチゴに関わっている人にとっては当たり前のことですが,若い人たちには新鮮な話かもしれないと言うことで,歴史を書いてみました.

ちなみに,社長が「終わったことにして旅立った」葉欠きは昨日片付けました.

いよいよ今日から,「間欠冷蔵処理」開始です.


PCが新しくなって,昔の辞書を移していないので,日本語入力が不便です.
ということで今日はここまで.

2010/08/23(月) | 栽培技術 | トラックバック(0) | コメント(0)

低温障害

低温障害の写真です.

低温障害JUL2009 _3__025
低温障害JUL2009_025

葉が枯れているのがおわかりいただけるかと思います.

挿し苗用の苗は,葉数1.5枚程度に調整しています.展開した葉1枚とのぞいて展開中の幼葉があったり,ほとんど開いた葉が2枚あったりという程度です.
なので,ついている葉は全て展開途中で成熟しきってはいません.組織が柔らかく過酷な環境には耐えられないのだと思います.
熱交換機を通って冷え切った冷風があたると,凍害を受けるようです.ひょっとすると低湿度の冷風による乾燥も影響しているかも知れません.
元気なら,少しずつでも光合成をし始める葉がないので,新しく展開してくる葉がまわりの元気な株より小さいのが見て取れると思います.発根も遅く,活着は明らかに遅くなります.

機能も書きましたが,直接冷風があたらなければ,5℃ぐらいの設定温度で障害が出ることはありません.

2010/07/24(土) | 栽培技術 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  前のページ»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。